<< 昔を思い出すわけじゃないんだけど | main | 部屋とワイシャツとアイドル >>

なぜ其処で?!

そういえば、なんでこんなに演劇にこだわっている自分がいるのだろうと
ふと思うのですが、おそらく、大学3年のときに関わったNon Stage Theater
という野外演劇プロジェクトがとても大きいのだと思います。

新潟市西区のアートプロジェクト「西区DEアート(2007)」の一つの企画として、
美術科の友人と共に、「川」にまつわる戯曲三部作とパフォーマンスをしかけました。

実際公演を行った場所は、公園・川辺・神社の境内松林・銭湯...とまぁ、突拍子もないところばかり。今思い返しても、場所が素敵すぎるぜ。

実際、屋外公演は、天気に左右されますから、かなり大変でした。客席や音響の問題もあります。2007年時点では、まだ高速モバイル通信や、ネット配信がメジャーではなかったので、「配信」という考えは当時頭をよぎってはいましたが、実現しませんでした。でも、やればおもしろかっただろうなぁ。

いま、河合が仕掛けようとしている「痴話げんカフェ」は、屋内だし、今ではUSTREAMやニコ生とか、ネット配信もだいぶメジャーだし。iPhoneとかスマートフォンでライブみられる時代って、本当すごいよなぁ、って。3,4年でこんなにかわるんですよ。

さて、じゃあ、次の3,4年に向かって、今何ができるんだろう。ちょっと背伸びしてみたいじゃないですか。

今、やりたいなぁって思っているのは、改めて「銭湯」での演劇。そして、手こぎボートに乗りながらの演劇。これ、やりたい。たぶん、場所の許可をもらうのが、とても大変だけど、だから、やりたい(笑)。

千鳥ヶ淵とか、井の頭公園とか、不忍池って、どこで借りれるんだろう。というか、貸し切りってできるんだろうか、っていうところからなんだけどね。貸し切らなくても、本当にゲリラでやってもおもしろそうだけど...

痴話げんカフェも、いつもライブをしてたりイベントしてるカフェじゃなくて、カフェをメインとして成立しているお店で、演劇したい、という考え。その場所がちょっとアクセス悪くてもかまわない。逆に、やってやる!って燃える。そして、そのお店にストーリーがあればあるほど、素敵。

箱を借りて、より良い場所を借りて公演をしよう、という気持ちとはまったく別のベクトルで、演劇に興味を持っています。へんぴな場所であればあるほど、え?なぜ其処で?と言われる場所ほど興味があります。ひねくれてるねぇ。でも、やろうと思う人いないのはなぜ?やってる人がいたとしても、目立ってないのはなぜ?

演劇という芸術を2012年にやる意味を、考えて、挑戦してみたいのです。

河合


コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
  • -
  • 2012/01/05 5:57 PM
calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>
音大生のポータルサイト
楽語辞典/演奏会情報
音大生向けポータルサイト

【楽語.com】



東京藝術大学 演奏会・展覧会情報
1or0, DorA?
OAR MY WAY〜オール、前へ。〜
アトリエール
漫画家 吉元ますめ マンガ掲載情報
Satomi's Official HP
  -小松原里美 公式Webサイトー

楽語ログ。
飛ばねえMENはただのMENだ
つきぶろぐ



東京藝大生の演奏会/展覧会情報

東京藝大.com




演劇と教育を結び付けよう

プラスニューカンパニー



中古クラシックCD在庫10万点以上

ディスクユニオン新宿クラシック館

楽語.com on Twitter
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
JUGEMのブログカスタマイズ講座